2016年12月26日

Z1 点検整備の巻き

わんばんこ。
知り合いからで購入したというZ1を点検整備させて頂きました。

まずはタイヤ交換ついでにスポーク増し締めしてベアリング点検。

ベアリングの位置が良くありません、指を突っ込んでみるとカタカタとディスタンスカラーが動きます。

ベアリングは左右とも底付きしてます。

バラシテ確認、社外品のカラーで短いくて使い物になりません。

IMG_20161120_153103[1].jpg

短いやつ

IMG_20161120_153303[1].jpg

社外品だけど使えるカラー

IMG_20161125_161153[1].jpg

カラーとベアリングも交換。

短いままだとアクスルシャフトを締め込んだ時にベアリングが変形して短命になります。

前後ともこの状態だったので直しました。

あと細かいですがオイルクーラーのホース

IMG_20161119_151459[1].jpg

角度がきつくて潰れたらエライ事ですので直しました。

IMG_20161119_183654[1].jpg

あとZ1で良くあるドライブスプロケット部の緩みも心配でしたので確認

IMG_20161119_170828[1].jpg

写真じゃわかりませんが緩んでます、手の力で動きます。

IMG_20161119_171032[1].jpg

こんな状態でしたので綺麗にして組み直しました。

IMG_20161119_172109[1].jpg

あとは全体点検して各部グリスアップ、フルード、エンジンオイル等交換しました。

スイングアームのグリスニップルもダメになっておりグリスアップ出来ませんでしたので交換。

IMG_20161119_172936[1].jpg

試運転して完成となりました。非常に地味ですが大切な事です。

IMG_20161125_185109[1].jpg


以上宜しくお願い致します。
posted by ミッチー at 17:49| Comment(0) | カワサキ Z系

2016年07月23日

やばいZ1000J修理の巻き

久しぶりのブログ更新になりました、猛暑の中バタバタと仕事してました。

とりあえずZ1000Jの修理から

なかなかツワモノのお客様でご自分でフレームと足回りのみ車体を個人輸入されてコツコツとパーツを

集めて組み上げたZ1000J。

最初は乗っていたらしいのですが去年の夏から放置でエンジン掛らなくなったとの事で

キャブのOHをしてほしいという事でした。

とりあえず現状確認のためバッテリージャンプさせてセルを回すとキュルキュルキュルーーーと超勢い良く回ります。

何故かというと圧縮が無いからです。圧縮圧力まったくのゼロ。

キャブとかの問題ではありません、しかし1年放置してもこんな事にはなりません。

お客様に電話して聞いてみると放置する前に一度エンジン分解してバルブを交換したとの事、

まったくもって話が変わってきます。なんともやばい雰囲気のZ1000Jです、

至る所からオイル漏れてましてもはや床はオイルまみれです。

これは大変な事になってきたぞーっと思いました。

まずはこれオイルクーラーのフィッティングの所斜めになってます、セル回すとオイル出て来ます。

IMG_20160602_091356[1].jpg

至る所がベチョベチョですが取りあえずヘッドカバーを外しましてバルブクリアランスを確認すると

その辺りの写真が無いですが全部で8か所の内2か所のみクリアランスあり、

他6か所はクリアランスゼロです。

つまりバルブが閉じない、つまり圧縮しないという事です。

バラシマス。

IMG_20160312_170649[1].jpg

インナーシムになってます、カムはZ1用のヨシムラST1、カムホルダー、スプロケ辺りのボルトも

ほぼ締まってませんでした。

IMG_20160312_172928[1].jpg

ゴミがわんさか出てきます。

IMG_20160312_172345[1].jpg

クリップの無いオイルシール、、怖いです。

IMG_20160312_173124[1].jpg

IMG_20160408_155627[1].jpg

IMG_20160408_152029[1].jpg

IMG_20160408_174747[1].jpg

結果シリンダーヘッドはJの物ではなくGPZ1100FもしくはZ1100Rの物でそれを知らずにJのバルブを組んでました、Jのバルブのほうが径が小さいので沈むし、それよりバルブシートカットをムチャクソにされて
バルブが沈みまくって閉じないようになってます。バルブまわり無しでカムのみ組んでの点検でも規定のトルクで締めるとカム回りません、普通なら抵抗も無くスルスルと回りますが道具を使わないと回りません。
カムは曲がってません、カムホルダーとヘッドの刻印は合致してます。
このシリンダーヘッドは使えません。
なのでポリスの新品ヘッドへ交換してアウターシムに戻します。

IMG_20160427_170635[1].jpg

この新品ヘッド燃焼室のバリがひどいので綺麗にしてバルブシートの状態も良くないので修正等しないと

新品だからと言ってそのまま使えるものではありませんでした。

IMG_20160522_132154[1].jpg


IMG_20160331_123027[1].jpg

クランクシャフトは取りあえず問題なさそうです。
但しオイルラインにもゴミがたくさんあります。
IMG_20160602_093622[1].jpg

IMG_20160602_093450[1].jpg

なぜこんなにゴミだらけなのか謎ですがこれをみると全部分解して掃除したい、いやしたくは無いけど

しないといけないと思いますが予算やその他もろもろの関係上取りあえず出来るだけ綺麗にして腰下は

そのまま行きます。

ゴミもゴミですが何故かクランクケースの外側なんかも液体ガスケットでコーティングされてます。

IMG_20160610_212902[1].jpg

ピストンはワイセコの73mm、スリーブもワイセコで自分で抜いて入れてそのまま組まれてます。

シリンダー上面は段差もなく問題無さそうですのでクリアランス等計測して少し狭い目でしたがピストンには

かじりが見受けられないのでこのままいきます、但し組み付ける時についたであろうキズは盛大にありました。

ピストンリングは曲がっていたり、オイルリングの状態も何故か悪くなっていたので交換して組みます。

IMG_20160610_212902[1].jpg

IMG_20160610_223720[1].jpg

IMG_20160610_230724[1].jpg

写真ないですがバルブタイミングも合わせました。

IMG_20160612_182325[1].jpg

そうそう

IMG_20160622_171538[1].jpg

このネジ山が飛んだのでなおしました。

飛んだネジ山
IMG_20160622_171626[1].jpg

他にも色々あり、全部書きだせば正月まで掛りそうなので割愛します・

とにかく無事に?組み上げ当初のキャブOHは必要無くエンジン始動。

IMG_20160702_114914[1].jpg

後日スムーズで乗りやすくなったとわざわざ報告にきてくれました。作業中はやばいものを引き受けてしまった、と後悔しましたがこの一言で引き受けてよかったと思いました。整備士冥利に尽きる一言です。

IMG_20160717_153939[1].jpg

以上宜しくお願い致します。



posted by ミッチー at 19:36| Comment(0) | カワサキ Z系

2016年04月21日

Z1 リムスポーク交換の巻き

久しぶりの更新となりました、暖かくなってきて忙しくさせて頂いております。

写真が少しありますのでアップします。

まずはZ1の前後リムスポークをアルミリム、ステンレススポークへ交換の仕事

リヤハブはサンドブラスト、バフ掛けしました。リムは元々アルマイトのシルバーだったのをお客様が気合いで磨いてこられました。

IMG_20160407_161106[1].jpg

IMG_20160407_162738[1].jpg

IMG_20160407_182314[1].jpg

振れを取りつつ、オフセットを合わせつつ均等に締め込んでいきます。
ステンレススポークなのでネジ部には焼きつき防止のグリスを塗ってます。

続いてフロント

IMG_20160411_144127[1].jpg

で完成

IMG_20160411_183016[1].jpg

IMG_20160411_183008[1].jpg

2.15-19と3.50-18です。フロントはやはり19インチのままが私は好きです。

IMG_20160411_182959[1].jpg

posted by ミッチー at 18:30| Comment(0) | カワサキ Z系